PRODUCTS

チニアシツケルSELECT
有機的なカタチの道具

 

 “造形に拘った、ここにしかないモノと、とびきりの出会いを”

ホントに食べたいものがある時って人は、腹の虫がなると同時に「あっハンバーグ食べたいなぁ」とか、自然と出てしまう。突然関係のないような話ですが、チニアシツケルのセレクトはその感覚に似た、見た瞬間に本能的に欲しくなっちゃうような、身のそばに置いておきたくなるようなモノでありたい。

赤ちゃんを見た時、誰もが微笑んでしまう感覚。巨大な古木を見た時に思わず息を飲んでしまうような佇まい。それは”おしゃれ”と言う感覚ではなく無意識に反応する、五感の感覚。『装飾よりも造形を』『表面的なものより心にグッとくるものを』

そんな熱量の多いもので、さらに世の中であまり出会う機会の少ない”稀”なもの。チニアシツケルのセレクトする雑貨はそんなものばかりです。
人の手が作り出すものに、プロダクトのような洗練さをあわせる。
それがうまーく調和したものが心惹かれてしまうのです。

セールス下手で、ものづくりに誠実な、頑固で無名のクリエイターたちの、洗練された手仕事を、僕の癖のある目線でお届けします。

ONLINE SHOPはこちら

Instagramはこちら

 

■チニアシツケルという名前について

俗に言う『地に足をつける』とは少し意味合いが違います。
時代や流行に流されず、自分の価値観で良いと思ったものを取り入れる。
”チニアシツケル”は僕にとってMY STYLE IS THE BEST/自分らしく生きるのが最高だ
という意味でとらえています。
人それぞれ、違う形でチニアシツケル生活を。

 

うつわと雑貨/craft&design+art

チニアシツケルではフォルム/造形美にこだわった、変わったモノをセレクトしています。

上質な暮らしや、丁寧な暮らしというよりかは、暮らしの中に『とびきりのもの』を取り入れてもらったり、アートやデザインを暮らしに取り入れて楽しくなればいいなという、そんな店主の思いです。

かっこいい『ON』の状態より『OFF』の状態が多い僕が選んだ、愛嬌と癖のある”道具”たちを一部ご紹介。

滋賀県の陶芸家 木村年克の有機的なフォルムのおちょこ

山梨県の陶芸家 川村晃弘の雲のような柔和なおさらと箸置き

長野県の木工家 工房ぐるりの枝がニュッと生えてきたかのようなおさらとカッティングボード

岐阜県の木工家 森田孝久の木目がアートな杉のおさら

大阪府の陶芸アーティスト CHIAKIの影がうつくしいセラミックオブジェ

その他の作家アイテムやプロダクトはクリエイター/ブランドページ
もしくはONLINE SHOPブログにてご紹介しております。

 

about plantsページはこちら