ceramicチニアシツケル

11月常設企画 -白と黒の口のついた器-

 

この季節になると”あの夫婦”に
無茶振りしたくなるのは僕だけでしょうか

加藤裕章/Hiroaki Kato
福井亜紀/Aki Fukui

ご存知ない方に少し説明すると
昨年と、一昨年に行った
陶芸家の夫婦が、打ち合わせ一切なしで
ペアマグを作ったら「意外とピッタリなデザイン」に仕上がるんじゃないか?
と言うチニアシツケルの実験的な企画です

そして今年は
またこのご夫婦に新しい変わった依頼をしてしまいました

 


11月常設企画
【白と黒の口のついた器】


僕が造形物として心惹かれる物
“口”が付いているだけで何故か無性に魅力を放ち、集めてしまう物。
そう、片口は僕にとって不思議な存在。

“器に口が付いただけ”なんて侮るなかれ
口が付くことで急にまん丸とした
膨よかな小鳥のように見え出し
愛嬌のある生き物みたいに見えるんです

そんな口のついた器、
コーヒー用の小さなミルクピッチャーから
ドレッシング用の片口
お酒やお茶用の片口
水差し、鉢など
大小姿形様々な”口のついた器”をご用意いたしました

そして今回は”黒色”のイメージが強い、加藤さんに「カッコいい黒を表現できる人の”白色”見てみたいです!」と無茶を言って
加藤さんの「白色」をご用意してもらいました

片方を突き詰める人が反対を表現する面白さ
気になりますよね?

今回は
掛け分け/ツートンも無し
本当に黒単色と、白単色の片口の世界を作って頂いております

解禁は次の実店舗オープン11/10(sun.)〜12月の展示まで

お見逃しのないように