商品未分類陶器

陶芸家 明主航の野焼き

京都の陶芸家 明主航の”新作”という名の実験的作品が入荷

/野焼き・花器/

 

 

ギャラリーでの個展で発表したモデル「野焼き」

発表時は、野焼きそのままを展示販売していたので

時間とともに”水が少しずつ染み出す”と言う

野焼きの面白さを感じ取れた

 

「シュワァ」と音をたてて水を吸い込んでいく姿は

元が土だったということをダイレクトに感じさせてくれる

今回、その後の常設としては初の取り扱い

水止めを施し、”花器”として実用的になって販売開始です

定番の白刻シリーズとは違い、今後の生産は不明

作ったとしても「大きく作風が変わる」可能性がでかい

 

一点ものとの出会い、その場の直感で感じ取ってもらえれば幸いです

※このモデルはSOLDOUTしました

僕の道楽で集めている古いものに混ぜて展示しているので

「これは古いものですか?」と早くもいい錯覚が起きている

 

新しい・古い・道具・アート

いろんなボーダーを取っ払いたいと常考えている僕にとって

明主航の作品は、新旧・デザインとアートが入り混じり

受け取り手に”何ものか”を全て委ね

新しい価値観を提示されるモノ

 

ぜひ”ギヤを入れずにニュートラルな状態”でお越しいただけると幸いです。