ARTWORK植物陶器

自然のオブジェ(不思議な木の実)

自然のオブジェ(不思議な木の実)

店頭にて、様々な種類の木の実を販売をさせていただいていますが、「どう飾ったらいいのかわからないなぁ」と、おっしゃる方たくさんいらっしゃいます。

私としては、ふと眺められる場所に、コロリとおいておいたり。引き出しの中に転がしておいて、ふと触ってみたり。そんな感じもおすすめですが、お部屋にこんな専用スペースを作ってしまうのも、あり!か、と。

その木の実のためのプレートなりお皿などを用意して特別感を出す。
背景や、額縁の役割になりますね。

チニアシツケルで道具を選んでいただいて、植物ノアレコレミドリムシで木の実やドライを合わせると、もう、それはそれは引き立てあう組み合わせが発見できます。

全部お任せのお見立てもご依頼多いです。

今回は、チニアシツケル取り扱いの陶芸家岡本千晶のセラミックオブジェの上に木の実を乗せて、古道具の水盆に実際に水を張って浮かべてみました。もちろんドライなので、水には浸からないようにしていますが、面白い素材のコントラストが生まれていると思います。

「濡れてはいけないもの」と、「水」という対比に、ドキリ。なのでしょうか。

そのものの持つ、造形を最大限に楽しみましょう。

 

夫婦のユニット活動ページも開設しました。