ARTWORK

植物造形アーティストの作品をお店の看板に

「晴れた日には、看板として使用しませんか?」


植物造形アーティストせとゆか(夫◻︎妻☑︎)のARTWORK【破壊と再生】

電子基板と植物の組み合わせ/異質が調和する
植物を異素材と合わせることによってよりイキイキと鮮明に見え始める

使う素材は野菜から観賞用の花、葉っぱや根っこなどの細部にまで至る

彼女にとっては全て、美しい”植物”なのです

破壊と再生と言うタイトルの通り、使う基板は使用者を無くした機械の一部を一度”破壊”して、植物と合わせる事で、アート作品として”再生”させる

この行為は、【植物や自然】を愛する彼女なりのメッセージ

おとなしい性格のせとゆかが真逆の”壊す”と言う行為を伴って創り出す、熱量の詰まった作品

受注製作品なので、ご予算とイメージのご相談お気軽にどうぞ。
過去作品のイメージはこちらのポートフォリオから