information植物ノアレコレミドリムシ考え/思う

植物店 植物ノアレコレミドリムシについて

12月いっぱいで「植物ノアレコレミドリムシ」として、多肉植物などの生態販売は一旦終了します。どこまで詳しく話すべきか悩みましたが、やはり伝えようと思います。長くなるので、時間があるときに読んでください○

私は、植物の生き抜くためのデザインや進化の過程に神秘を感じ、その美しさや面白さを、いろんな角度から伝えようとしている人です。

多肉植物のハオルチアは、過酷な環境の中で身体の大半を地に埋めています。その状態でも光を浴びて栄養を生み出すために、葉のてっぺんを透明に進化させ天窓を得た植物です。

その透き通る美しい姿は、生きるために進化した形であることが神秘的で、私にとてつもない喜びをくれました。

これは、多くの人にインスピレーションを与えうる存在だと思い、植物の面白さを表現する”活動の一片”としてハオルチアに特化した植物販売を行ってきたのです。

ブームになってしまわないようにゆっくりと提案してきましたが、流行という大きな流れは強大でした。価格高騰が起こったのち、クローン技術によって海外で大量生産されたハオルチアが、身近に破格で販売されるようになりました。多くの方々がハオルチアを手にする機会が増えることは、私にとってとても嬉しいことでもある反面、小さな個人販売者としては到底太刀打ちすることができない苦しさが出てきました。

そして、「私が担うべき事なのか」とも思うようになりました。

これまでも、これからも、尊敬する植物を大切に伝えていくために、流行とは離れたところで、進んでいくことを選びたいと思ったのです。

来年から、【植物ノアレコレミドリムシの植物販売と、園芸道具の販売】という一片がなくなります。作家ものの植木鉢は今までに引き続き、ウェブショップにてご購入いただけるようにしたいと思っています。

今後この場所は

【植物造形家 瀬戸のオープンアトリエ】

【shop&galleryチニアシツケルの展示】

【チニアシツケルの道具と合わせた植物の見立て・枝ものの販売をする場】

として運営していく予定です。

今までと営業日やパッと見は変わりません。

お買い求めいただいた植物についてのご相談も今まで通りお受けしますので、お気軽にいらしてくださいね。

ハオルチアを販売していたからこそ出会えた方たちが沢山います。ありがとう。ハオルチアを通して植物の魅力を伝えられた方が僅かでもいたならしあわせだな。

根本は何も変わらない瀬戸です。これからもどうぞよろしくお願いいたします。