ceramicチニアシツケル

新規参加作家 水谷智美

”2019第2弾” この度チニアシツケルに新しく参加してくださることになりました、陶芸家の水谷智美さん。お店に来られたことのあるお客さんは、オーナー私物ディスプレイ品で見られたこともあるかも知れません。

”まるで出土した土器のような風合い”

彼女の作る陶器作品は、大きくわけて”手びねり”のものと”型物”の2つに分けられます。写真のような有機的なフォルムの手びねりのうつわと、直線的で造形的な型物と、相反するスタイルですが、彼女の作品は双方ともに土の自然な風合いを存分に感じられるうつわになっています。

オーナーが最初に買わせていただいたうつわも、表面はとびっきりザラザラして、もう何100年も経過したような貫禄すらも感じる、アンティークの蛸壺のような花器でした。ディスプレイで使用していたので何度も「これ売り物ですか?」と聞いてくれた方々、ようやく入荷しましたよ。

じつは年末に入荷する予定だったのですが、水谷さんの工房の窯が故障し、制作できない状況だったのです。他のご依頼も重なっている中、水谷さんもうちのこと気にかけてくださって、素敵な花器をたくさんご製作いただきました。話せば話すほど色んなご提案を下さり、これからチニアシツケルで水谷さんの実験的な作品展開が増えそうです。

今回の入荷より、チニアシツケルギャラリースペースに加え、アトリエスペースでも作品展示をしています。展示空間が変わることで物の見え方や空気感がより幅広くお楽しみいただけると思います。

いろんな方からご質問いただいておりますが、博物館のような展示ですが、ほぼ全ての商品を販売しています。※1割ほどオーナー私物

お気軽にご来店くださいませ。

 


 

水谷智美/Tomomi Mizutani

 

1977/ 福岡県生まれ
1997/愛知県立芸術大学入学
2003/同大学卒
岐阜県飛騨市にて築窯制作
以降、全国で作品展を開催
2015/佐賀県にて水ノ谷陶芸工房を開く