ceramicチニアシツケル

新規参加作家・宮城正幸

Instagramではご紹介しておりましたが

新年からチニアシツケルに新しく参加してくださった作家

沖縄県の陶芸家 宮城正幸さんの仲間入りです。

実はね前々から個人的にファンでして、いつお声を掛けさせてもらおうかなと思っていましたら、宮城さん自身もチニアシツケルの事を知ってくださっていたようで、話せばなんだか昔からの知り合いのような錯覚まで起きながらこの度のお取り扱いに至りました。

沖縄に仲間ができるなんて本当に嬉しいことです。

そんな沖縄の陶芸家 宮城正幸さん、普段は釉薬の発色や形が美しい食器類をメインに制作されています。その釉薬と形の美しさに加えて、土味がしっかりとした器でもあり、そちらも大変かっこいいのですが、今回チニアシツケルでお取り扱いさせていただくセレクトラインナップは、よりダイナミックな大地の力強さを感じられる、「花器とオブジェ作品」に絞らせていただいております。

■作品:earthnuts/大地の実

自然が織りなすうつくしさや生命の力強さからインスピレーションを得て造られたオブジェ作品。前述の通り、普段は器類をメインに作陶されてきた宮城さんですが、植物や木の実を改めて見たときに、その力強さや抜け感に魅了され、生み出された新シリーズです。

宮城さんは「この作品を通じて身近な自然や人とのご縁、価値観の共鳴が生まれるといいな」と仰っていました。

もうすでに、この作品を通じて、僕が心引かれたように、宮城さんの作品は、”伝えたい思い”と”人を惹きつける力”を纏っているようです。

より有機的なオブジェ作品と、直線的で素材感を引き出してくれる花器類。幅の広い自由な提案をくれる宮城正幸の作品。

ぜひ素材と形の両方をお楽しみくださいませ。