商品多肉植物植物陶器

新作/陶芸家とのオリジナルプロダクト

 

年末のお店をしめて改装をしていたころ

ちょうどその少し前に話がはじまり

じっくり進めていた新作のプロダクト。

その新作にぴったりな今日の気候

ようやく新作がかたちになり、さきほどお店に到着しました。

滋賀県の陶芸家・木村年克とのオリジナルプロダクト

”造形的な植木鉢”

以前からチニアシツケルで陶器類を買っていただいている方は、『はっ』とお気づきになられたかもしれませんが、

チニアシツケルで取り扱いの食器

ヤシの実シリーズをもとに植木鉢を製作していただいております。

チニアシツケルの定番品として制作して頂いている食器類、

今回はそのシリーズをサイズ・仕様を少しづつ植物に合わせオリジナルアイテムとして作り直していただいております。

昨年末から何度も打ち合わせ・試作を行いベストな形を探っていました。

今回ももちろん、ハオルチア(多肉植物)向けのプロダクトなので、植木鉢としての比率やサイズ感、そこに美しさを両立するのに大変苦労しました。

特に、大きなサイズになればなるほど、比率が難しくなり、作り手の木村さんにはご迷惑おかけしました。

でもそのおかげで良いものに仕上がっています。

ヤシの実シリーズはその名の通があらわすとおり

ヤシの実の造形からインスピレーションを得て作られています。

初期のコンセプトモデルはヤシの実を実際に型取り、造形作品としてつくられたアートなもの。

それを少しづつブラッシュアップして現在の形になっています。

今回の新作は、以前から食器類で作っていただいている、通常バージョンに加え、よりコンセプトモデルに近いアートなモデルも販売します。

それがこちら・・

 

アート作品として、植物を植える器として

とても力強い物になっています。

ひとつひとつの形・正面から見るのと横から見るのと

すべての形が歪で個性があります。

これはとくに生き物に近い造形

生命力に溢れています

骨やどうぶつの脚に見える方も多い

どんな見え方がするかも含めてアートです

三角形の高台も珍しい形ですね

すこし見える、金色銀色に輝くライン

じつは、この器は何層かの釉薬が塗られており

下の層を少しだけラインで出している

手間をかけて作られています

実物を手に取り、植物と合わせてご覧いただきたいです。

準備が出来次第オンラインショップにも解禁します。

 

また、植木鉢が揃ってきましたので、

今週末土曜日に植え替えワークショップを開催します。

以前行った時の様子はこちらから

■詳細

日時:4/7(sat.)11:00~

場所:植物ノアレコレミドリムシ店内

参加費1500円(道具貸し出し・植え替え土・レクチャー費込み)

上記にお選びいただいた鉢代と植物代が加わります。

人数:3名

初めての方でも安心してご参加ください。

※植え替え後の植物は持ち帰りやすいように梱包しますので

袋などはなくて大丈夫です。

 

以上

ご予約は、chiniasitsukeru.midorimushi@gmail.comへメールを頂くか

植物ノアレコレミドリムシのInstagramショップアカウントへDMください。