ARTWORK

喫茶狐菴にて植物造形家 瀬戸友歌としての活動

植物造形家 瀬戸友歌としての活動

蓮の花・蓮台・根茎(レンコン)をしつらえた空間の中、蓮の葉の上に蓮の実を花托まるごと乗せて提供しました。お客様自身でもいで、割いて、実を取り出して皮をむいて、渋みのある部分を部分を取りのぞいて、手間暇かけて一つずつ味わっていただきました。

京都市北区の、和菓子と珈琲と日本酒のお店、喫茶狐菴にて、一狐一会というイベント。日替わりで和菓子作家の作品が提供される中、私は植物の体験を提供させていただいたのでした。蓮という美しくおもしろい植物をまるごと体感いただきました。

和菓子の未来を考えたイベント。その中には、現在と過去も内包されていました。
菓子の根源としてある自然の木の実や果物などの植物。それを私の視点で捉えて表現させていただきました。まさか食べるものだと思わないものを、食べるものだとは思わない形のままでお出ししたので、皆さまの驚きが嬉しく面白いものでした。(まさか、和菓子のイベントに来て、和菓子じゃなかった驚きも含まれているとは思いますが)

そして予想外に好評であっという間に定数となってしまい、お一人お一人に蓮のお話をじーっくりできなかったことだけが悔やまれます。体験していただいた皆様、定数終了した後も求めて足を運んでいただいた皆様、どうもありがとうございました。

この体験を通してなにかを感じていただけていたら幸いです。植物っておもしろいなぁとか、もっと植物のことを知りたいなぁとか。

私は植物の面白さを伝えたいと思っています。そうしたら世界がおもしろくなると思うから。

すでに次回作が浮かんできています。
今後もお楽しみに。

何より自由な機会を与えてくださった狐菴さん、ありがとうございました。自分だけではなかなかたどり着かない場所でした。そして蓮カレーを作ってくださったリュカさん、沢山のサポートと素敵に写真を撮ってくれた夫、ありがとうございました。

ーーー詳細ーーー
■イベント
”一狐一会”
■日時
・8/11(sat.)~8/19(sun.)
・OPEN 15:00~21:00
■場所
喫茶狐菴
〒603-8217
京都府京都市北区紫野上門前町66