ガラス商品

今井美智のミニマルなデザインのガラス。

透き通るもの・光るもの

昔からそんなものになぜか心惹かれてしまうのは僕だけでしょうか?

小さな頃から、”ペンライトやきれいな石ころ”を集めていました。

旅行に行っても土産に”石ころ”を買ってもらう。不思議な少年だったと思います。

今でもお会計の時に、お札を押さえている石ころは少年時代の店主が手に入れた”テレビ石”

そんな僕が大人になった今同じような感覚で心惹かれてしまう作家のアイテム・・・

”金沢のガラス作家今井美智さんのガラス作品”

自然のほんの一瞬のかがやきや”儚い美しさ”をガラスで表現される。

今井美智さんが作る作品のほとんどに自然の名前や有機的な名前が付けられています。

この作品もその一つ・・・

【みずたまり】

雨が降って、じめんの凹みにたまった水

だれに集められたわけでもなく、自然とあつまったみずのかたまり

雨上がり葉の表面にコロンと粒立つしずく

そんな情景すら思いうかぶガラス作品

じっといつまでも眺めていられるような

シンプルだけど決して少ないわけじゃない。

 

彼女の研ぎ澄まされた感覚で『ここだ』と言う絶妙なバランスですくい取る。
ミニマルなデザインほど難しいですが、それを感覚でやってのける方です。

 

そんな今井美智さんの作品の一部をオンラインショップにて販売開始致します。

最初の作品は、ガラスのお皿

このいびつなお皿もアメーバのような原生生物を思わせる有機的なカタチ。
お皿として・花器として・アクセサリーを飾ったり・・・
何に使おうかと、毎日を刺激してくれる、アートなガラス作品です。

その場の空気感ですら変えてしまうようなシンプルでいて存在感のあるアート作品。

おすすめです。