glassチニアシツケル

ガラス作家 熊谷峻の新作入荷

秋田のガラス作家、熊谷峻さんより新作が届いております。

前回入荷時は暗めの色が多かったので、今回は明るい色味でセレクトしています。

熊谷さんの作品は画像を見比べてもわかるように、置く場所や光の入り方で大きく印象が変わります。

土物のように見えたり、しっかりとガラスだと見えたり

ガラスの中に混ざり合う土や金属といった異素材が、高温の中で干渉しあい、熊谷さんの舵取りで調和して完成に向かっていく。

そこから生み出された、鈍く輝く塊は、熊谷さんの思いまで纏い、未だ溶け出していきそうな熱量を蓄えたまま複雑に光を屈折させているのかなぁ、なんて思いを馳せました。

熊谷さん曰く、「あるていどはコントロールできるんですが最後はでて見ないとわからない」と仰っていました。窯の中で起こっている計り知れないエネルギーと奇跡のような出会い、つくづく面白い造形物です。