old itemチニアシツケル

カタチメインの古道具入荷情報

 

先日、つい一目惚れし仕入れたこの古い金属の道具。

わかりますかね?この美しい道具のフォルム。

目が合った瞬間に”カタチ”に一目惚れしてしまいました。

こうすればよりわかりやすいかも・・・

下がシュッとしていて、反対に上は大きく曲線を描きゆるやかな器状になっています。

杯とか、コンポート皿のフォルムに近いかな。

でも用途はそれとは違い、僕が切り取った”カタチ”がそれに似ているだけで

上から見たら、杯でもコンポート皿でもない不思議なカタチをしています。

 

■カタチ

僕がよく言うんですが、専門的なものほどカタチが”それ”に特化していてとても面白いんです。

それをいかに今の生活の中で見立てていくか。

ただ古くて変わっているだけだと合わせにくいし。バランスはとても重要。

※気付かれていないかもしれない部分ですが結構気を使っています。

何に使われていたかは、お店でのお楽しみにしてもらうことにして、

この道具、よく見ると真ん中で溶接されているんですが、その溶接跡が見えないように綺麗に仕上げられています。

同じタイプのものでも「はい、溶接しましたよ」って感じの物も流通しているところを見ると、これを作った職人のこだわりを感じられる。用途的に重要じゃない部分なのに、美しさを求めるなんて、すごいなと。

そういう細かいこだわりの部分の蓄積と大切に使われてきた年月が調和した佇まい。僕はそんな部分に感覚的に引き寄せられたのかも。

素材はおそらく真鍮です。

洗練されたカタチの美しさ

先ほどもちらっと話をしたこと。

ただ古いだけのものを集めているわけじゃないよ。

特に僕が好きなものは名もない日用品が多いし。

ただただ古いものを集めているだけだと、がらくたになっちゃうから、やっぱり集めるのも慎重になります。

そんな僕が一目惚れしたこの道具

水も張れるので生花にもおすすめです。

くわしいことはお店にて。

もちろん一点のみの入荷なので出会いを大切にしてください。